本文へスキップ

繊維用処理剤・エポキシ樹脂エマルジョン・各種樹脂エマルジョン製造委託

Yoshimura Oil Chemical Co.,Ltd.

    

会社概要

社名
吉村油化学株式会社
代表者
代表取締役社長 西山智朗
資本金
5,120万円       
創業
1922年(大正11年)3月       
事業内容
繊維用油剤、繊維加工助剤、静電気防止剤、乳化剤および樹脂乳化製品
その他各種界面活性剤の製造販売、各種樹脂エマルジョンの受託製造。
本社・工場
〒561-0815
大阪府豊中市豊南町南5-1-1
TEL. 06-6334-3331
FAX. 06-6334-1323
東京営業所
〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町12-9(滋賀銀行ビル)
TEL. 03-3663-6073
FAX. 03-3661-6090

沿革

1922年3月
吉村又一郎が大阪市北区曽根崎において吉村商店を創設。
各種工業用石鹸の販売を開始。
1928年11月
大阪市此花区新家町和田製油所と提携し、繊維油剤の製造を開始。
それに伴ない、大阪市東淀川区三国町に工場新設。
1933年5月
吉村商店を吉村油化学研究所に改称。
1935年4月
現在地に本社工場を移転。
1944年4月
吉村油化学工業所に改称。
1946年10月
商工省中央割当工場の指定を受ける。
1948年10月
農林省人造バター試作工場の指定を受け、マーガリンの製造を開始。
1946年6月
吉村油化学株式会社に組織変更。(資本金300万円)
1951年10月
化粧品・石鹸の製造を中止し、非イオン界面活性剤の製造を開始。
1957年4月
マーガリン部門をミルクマリン株式会社(現社名マリンフード株式会社)として分離。
1971年10月
排水浄化装置導入・稼働。
1976年6月
公害防止用脱臭装置導入・稼働。
1986年11月
食品添加物エステル工場完成。
2001年11月
ISO9001認証取得
2006年8月
紫外線遮断設備を有した第6工場完成。
2012年1月
大阪ものづくり優良企業賞2011 最優秀企業賞受賞
2013年11月
エマルジョン製造ライン増設
2016年11月
乳化・分散設備増設